初めての方へ~税理士の選び方~

☆素朴な疑問1

Q:悩んでしまう税理士探し。残念ながら税理士なんて誰でも同じ、ではありません。税理士をどのように選べばいいの?

A:このように考えます。

 ①オープンであることが重要!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

  税理士事務所の中には、お客様に対して顧問料をオープンにしていない事務所もあります。もちろん、情報をオープンにしていなくても優れた税理士は数多くいます。

ただ、後から、「イメージが違った・・。」と言うことがないように、お客様が必要としているサービスを提供できる税理士、可能な限り情報をオープンにしている事務所を選んだ方が、トラブルが起こることが少なくなります。

最低でも、実施する業務の料金と、税理士事務所としての方針を提示していて、お客様が

「共感できる!」

と感じられる事務所を選びましょう。

 

②お客様は誰なのか?が重要!

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

どの税理士紹介サイトを見ても、「税理士紹介料は無料!」となっています。無料!と言うことは紹介サイトさんは、税理士から紹介料をもらうことで初めて成り立つ仕組みになっています。あくまで、お客様は「経営者」ではなく「税理士」です。もちろん、誠実にサービスを提供している業者も多いようですが、どうしても登録していただいた税理士の方を向いてしまいがちです。ご自身の商売に置き換えていただけたら納得いただけるはずです。お金をいただける方に対して、最も誠実に対応するのがある意味当然です。

 紹介サイトさんの立場になってみると、登録してもらっているたくさんの税理士に紹介をうまく割り振らなくてはいけないので、「良い税理士」だけを紹介してもらえるとは限りません。もし「良い税理士」ばかりを紹介するのであれば、紹介先の事務所が偏るはずです。

では、「良い税理士」とはどちらでしょうか?

・営業ノウハウを駆使するわけでもなく(ノウハウがない?)、紹介サイトから声がかかるのを待っている良い税理士
・自身で新規のお客様を増やし続け、既存のお客様から信頼され紹介を受けたり営業ノウハウやネットワークを持っている良い税理士

 今後、税務顧問として、アドバイスを受けるのであれば、どちらがいいのか検討することは非常に重要ですね。

お客様の声はコチラ→ 

料金表はコチラ→

☆素朴な疑問2

Q:個人事業のままで勝負!会社を作って勝負!どちらがいいのだろうか。

A:それぞれメリット、デメリットがあります。何を重視されますか?

①開業(設立)時の料金を重視!

 個人、合同会社、株式会社、の順です。個人事業は設立料金は発生しません。

②社会的信用度を重視!

 株式会社が信用度は一般的に高いです。個人事業主や合同会社とは取引しない、と言う業種もあるようです。 

③収益分配の自由度を重視!

 個人の方は言うまでもなく、儲け(利益、所得)は自分のものです。株式会社は株主の株数に応じた配当が義務付けられますが、 合同会社は出資金額と関係なく配当を行うことができます。

④将来の事業拡大を重視!

 少人数での起業ならば合同会社が適していますが、将来的に規模を大きく・・とお考えならばやはり株式会社です。一定の規模になれば、個人事業よりも法人組織にすることをお勧めしています。

⑤攻撃的節税提案を重視!

 個人事業よりも断然合同会社、株式会社の方が多くの手があります。 

お客様の声はコチラ→ 

料金表はコチラ→

ページ上部へ